【小顔に変身できる】ボトックスでコンプレックス解消!

サイトメニュー

ボトックス治療の注意点

医者と看護師

打った日に注意したいこと

ボトックスをする際の注意点についてまとめていきます。まず、ボトックスは他の美容整形に比べ、ダウンタイムが短いのが特徴です。ですが、ボトックス注射をしてすぐは、注入箇所が腫れたり赤みが出たりすることがあります。通常の注射と同様ですので、注射で腫れやすい人は注意しておきましょう。また、内出血が起こることもあります。しかし、しばらくすれば軽快するので、もしこのような症状が出ても慌てず様子を見るようにしましょう。当日の施術後の注意点です。まず、患部の血流が良くなりすぎないようにしましょう。特に入浴は止めておく方が懸命です。シャワーで済ますようにしましょう。また、激しい運動も血流を良くするので、当日は避けることが重要です。日常の家事や移動で症状が出ることはありませんので、おとなしく過ごすことがおすすめです。更に、小顔になりたい人の中には毎日の小顔マッサージが欠かせないという人も多いとは思いますが、ボトックスをした当日は控えましょう。自分でセルフマッサージをしないことはもちろん、エステ等でのプロの施術もNGですよ。当日注意したいこととして、飲酒もあります。施術当日の飲酒は控えておいたほうが良いでしょう。このような注意点を意識して生活すれば、憧れている小顔を手に入れられますよ。ボトックスを利用して、小顔を目指しましょう!それでも異常が見られる時にはクリニックに相談してみましょう。

持続期間はどのくらい?

ボトックスは美容整形の中でも「プチ整形」と呼ばれ、手軽にできる施術として人気です。しかし、持続期間は短いのが特徴です。早い方でれあれば、3日以内には効果が現れます。遅い方でも3週間以内には実感するでしょう。個人差があるので一概にはいえませんが、3週間たっても効果があらわれない場合はクリニックに相談してみましょう。また、効果を実感してから持続する期間は平均して半年ほどで、長い方でも1年ほどで、長く効果をもたせたい時には追加で打つこともできます。しかし、稀に異常が現れることもあります。表情が動かしにくくなるなど異常を感じた時は早めに担当医に相談しましょう。